安い日があるというのが良くわかりません・・・

来年の1月に仕事の関係で遠方へ引っ越すことになりました。

 

今住んでいるところは結構利便が良かったのですが、引越し先はちょっと都心から離れていて不便になってしまうのですが、仕事なので仕方ありません。

 

前回の引越しは県内での移動だったので友達の協力で行いましたが、今回は距離が距離なだけに引越し業者に頼もうかと思っています。

 

単身の引越しなので比較的料金は安いようですが、ネットで調べると引越し料金も家電と一緒で意外に値切れてしまうそうですね。

 

 

業者間で値段を競わせることで下がるのと、あとは日柄や時期などでも料金が変わるそうなので、少しでも安くできるようにしたいと思います。

 

私は日柄などはまったく気にしないので、正直仏滅でも全く問題ありません。

 

1月という時期も引越しのピークといわれる3月に比べれば料金が安いみたいですね。
また、休日よりも平日の方がもちろん料金がお値打ちなようなので、平日に休みをずらしてそこで引越しをしようと目論んでいます。

 

 

あまりにも値切り過ぎると引越しのスタッフの対応が悪くなるなんてこともあるようなので、無茶な値切り方はしないようにしますが、それでも少しでも対応が良くて安くしてくれるところで契約したいと思っています。

 

 

とりあえず、少しでも荷物が減るように必要のないものは少しずつ捨てたり売ったりしたいと思います。

 

人生に断捨離は必要不可欠

今年の春に友人が引越しをしたのですが、料金を聞いたら予想以上に高かったのでびっくりしました。

 

このご時世、引越し料金も数社で見積もりを出して料金を比較することができるのですが、友達はそのようなことをせず、最初から1社でしか見積もりを出さなかったらしく向こうの言い値で決めてしまったようです。

 

とはいって法外な金額ではもちろんありません。

 

引越し料金には高くなる理由がいくつかあり、引越しをする時期や日柄、引越し先までの距離、荷物の多さなどがあります。

 

友人の引越し料金が高くなってしまった要因は荷物の多さだったようです。友達は物を捨てれないタイプなので、昔から家には物がいっぱいありました。

 

 

それらを全部持っていくとなるとやはり段ボールが多くなってしまったようで、それが原因で料金が高額になってしまったみたいです。

 

 

引越しはやり方によっては値段を下げることも結構できるので、私も来年の春には転勤が決まっているので、これを参考に少しでも安く引越しができるように対策をしておこうかと思います。

 

 

もともとそこまで物は持っていませんが、それでも必要のないものは極力持っていかないようにして、段ボールを1つでも少なくしようと考えています。

 

 

家電は自力で運ぶには困難なのでさすがに減らすことはできませんが、細かいものは自分で調整できますもんね。

 

時期にかなりよるらしい

引越しをする時期について嫁さんと嫁さんの両親で少しもめてしまいました。

 

今年の秋に仕事の関係で引越しをすることになり、いわゆる栄転なのですが、その時期に引越しをしようとしたら、その時期は田舎にとっては収穫の時期だからさけるべきだといわれてしまいました。

 

 

とはいっても、私の実家は特に農家でも何でもないですし、なにより私たち夫婦も特に農作業なんて関係のない環境にいるのですが、嫁さんの両親はそういった時期には引越しをするべきではないと頑なでした。

 

 

引越しの時期なんて私はまったく気にしていませんでしたが、意外に引越しの時期を気にする人は多いそうです。仏滅などの日柄の悪い日はなんとなくわかりますが、月によって引越しを避けた方がいいなんて考えはこのご時世ナンセンスだとは思うんですが、私が間違っているのでしょうか?

 

 

 

実際に農作業をしているわけでもないのに、田舎の昔からの風習で避けるべきだといわれていただけの考えに無理矢理合わせようとするのはどうかと思います。

 

 

別に私が収穫を手伝うわけでもありませんし、引越しに嫁さんの両親に来てもらって手伝ってもらうつもりもありませんので迷惑をかけるつもりはないんですけどね。

 

 

 

結局嫁さんともめることにもなりそうなので、少し引越しを速めて夏の終わりくらいにすることに決めましたが、正直納得はしていません。とはいっても、今後も長い付き合いのある親族ともめることもしたくないので愚痴はここだけにしておきますw

 

 

昔からの風習でも、今の世には合わないものもたくさんあるのだと思いました。

 

 

引っ越し料金を比べてみませんか?

更新履歴